おかえりモネ感想-第10週「気象予報は誰のため?」7月19日(月)~7月23日(金)放送分

第10週「気象予報は誰のため?」
7月19日(月)~7月23日(金)放送分

目次

第46回(7月19日放送)

ついに上京した百音(清原果耶)は、下宿先の大家・井上菜津(マイコ)に温かく迎えられる。初めての東京に圧倒されていた百音だったが、菜津の優しく朗らかな人柄にほっとする。百音は、採用面接の前に下見をしようと、朝岡(西島秀俊)がいる気象情報会社を訪れると、登米で出会った野坂(森田望智)と内田(清水尋也)に再会する。喜ぶ百音だったが、なぜか鬼気迫るようすの野坂たちに、突然テレビ局へ連れていかれてしまう。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_10.html

第10週、今週から東京編がスタート!

いつもと少し違う月曜日のOPテーマを見ていると、新しい登場人物に高岡早紀!?懐かしい!

上京したモネは一応、住むところと会社の面接は取り付けていたのね。とは言え、やっぱり無鉄砲だよなあ。
それにしても、「モネは上京しても就職は一体どうするんだろう…」という視聴者の疑問を、上京初日から強引に解決する手法は、ドラマ的ではあるけれど爽快だな…!

実際はこんな都合良く話が進むわけはないけれど、その指摘は野暮だよね。
見せたいのはあくまでもモネの気象予報士としての奮闘ぶりであって、気象予報士として働くまでの苦労ではない。自分も同感だからこそ、その割り切りが気持ちいい。

とは言え、住居や仕事が決まるまでに、もう少しすったもんだがあっても良かったかな…。

モネの東京での下宿先が、築地の近くの銭湯というのも、人情味があって良いねえ。銭湯を切り盛りする菜津さんも、面倒見が良さそうで良い人だ…。
思えば、登米の森林組合への就職やサヤカさん家への下宿も、今回の東京でのバイトや下宿も、全部人の縁によるものだった。
そこは正直、モネがめちゃくちゃ羨ましい。

モネが面接を受けるのは、朝岡さんたちが勤めている民間気象会社「ウェザーエキスパート」社。面接前日に下見にきたモネは、その入り口ロビーでいきなり野坂さんや内田くんと再会。そして人が足りないと慌てていた彼らによって、モネはテレビ局に連れて行かれてしまう。

彼らが慌てていた理由は、ウェザーエキスパート社の気象予報士たちが次々とインフルエンザに罹ってしまい、予報業務を行う気象予報士の人数が不足していたからだった。そこで、まだ所属先も決まっていないモネを加えて気象予報士を4人揃え、なんとか気象業務法の要件を満たすことに成功。そのままモネも、成り行きで天気予報の作成に携わることに…。

今田美桜が演じる、神野なんとか莉子さんは、初回からバリバリの上昇志向全開で、モネの先輩として今後モネの前に立ちはだかってきそう。気の強いフリーアナウンサーっぽくて、メイクもバッチリ!

予報業務を行う企業や事業所では、気象現象の予想を行う時間に応じて、気象予報士を置かなければいけない人数が定められています。これは気象業務法という法律で決められているので、遵守しなくてはいけません。

予報業務を1日のうち16時間以上行う場合は、気象予報士は最低4人必要。モネが連れて行かれた場所はテレビ局なので、事実上24時間気象業務を行っていると考えれば、野坂さんたちが4人目の気象予報士を血眼になって探していた気持ちも、切実に理解できるでしょう。

ここで、「いくらモネが気象予報士と言っても、いきなり予報業務に従事させて良いの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
ですが気象業務法では、気象予報士としての登録が行われていれば、事業者が行うべき気象庁長官への申請は事前に行う必要はなく、事後報告で良いのです。
ここ、気象予報士試験でも問われますよ!

ちなみに、気象業務法での条文はこちら。
「気象予報士を配置して現象の予報業務を担当させ始めたら、遅滞なくその氏名を気象庁長官に報告しなければならない」
この「遅滞なく」の文言がアバウトで、いかにも現場の事情を勘案した様子が伺えますよね。

でも申請の有無を厳密に適用しようとすると、風邪とか忌引とか、何らかの理由で気象予報士が欠けたときに、即座に代わりの気象予報士が入っても予報業務が行えず、気象情報を提供できない状況に陥ってしまいます。柔軟な運用を行う上では、これくらいの緩さが現実的だと思うのです。

もっとも、さすがにずっと報告していないのがバレてしまったら、問題になるでしょうけど。

第47回(7月20日放送)

夜のニュース番組の気象コーナーに、裏方として突然参加することになり戸惑う百音。ピンチヒッターとしてスタジオのキャスターを任され、意欲に燃える若手の気象予報士・神野莉子(今田美桜)や、テレビ局の気象班デスク・高村(高岡早紀)、記者の沢渡(玉置玲央)など、次々と現れる個性的な面々にたじろぎながらも、百音は自分がふだんテレビで見ていた気象コーナーの裏側を知っていく。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_10.html

昨日の展開があまりにも急過ぎて内容が盛りだくさんだったから、冒頭1分半を昨日の振り返りに使ってる。よくあれだけの内容を15分以内に盛り込んだよなあ。

モネも早速予報業務のサポートに携わることに。まずは必要な資料のコピーから。モネがコピーしたのは、気象のプロ向けに気象庁が天気を解説した「短期予報解説資料」と、さまざまな種類の高層天気図だな…。内田くんが見ているのは、気象モデルによる数値計算で解析された風の流線の画面だ!

テーブル全体が大きなモニタになっていて、そこに天気図を映しながら気象予報士たちがそれぞれの予想を言い合って、伝えるべき内容をまとめていく…この予報の流れは、以前見たウェザーニュースの予報業務のやり方と同じだ…!

こうしてモネも加わって、なんとかその日のニュース番組のお天気コーナーの原稿が完成…かと思いきや、放送直前に大きな事件が発生して、急遽内容が追加となり、その煽りを食らう形で天気予報のコーナーがなくなってしまうことに。初日から、報道と天気予報の現場の現実をまざまざと思い知らされる形となったモネ。強烈な体験だ…。

番組が終了して、休憩所でモネはマリアンナと鉢合わせ。しかしそこで見たマリアンナは、豹変して本性を現した!今日はここで終了。明日が気になって仕方ない…!

そして今日こそ、朝ドラ受けが見たかった。博多華丸大吉の2人は、どんなリアクションをしただろうか…。

それにしても、これが気象情報を伝える現場の最前線か…。でも個人的には、こういった現場の臨場感あふれるドラマを楽しみにしていたので、見たかったものをようやく見ることができた!
自分ももう少し若くして予報士試験に合格していたら、現場にも出ていたかもなあ…。大変だけどやってみたい気持ちもある。

マリアンナが社会部の記者の沢渡に、セクハラまがいのことを言われて笑顔で応対したあとの、「女性の笑顔はドン引きと表裏一体」という言葉はインパクト抜群!さっそくTwitterのトレンド入りしていて、確かにパワーワードだったわ。今後セクハラ的な描写も出てくるのだろうか。

内田くんが見ていた風の流線の様子は、「Windy.com」で我々も無料で確認することが可能。
現在南大東島の南南西に位置する台風6号の風の様子もこの通り。色が赤くなっている部分は、1枚目は風の強い場所、2枚目は雨が強い場所を示してます。
是非活用を!
https://windy.com

第48回(7月21日放送)

目まぐるしい1日を終え、百音が下宿先の銭湯・汐見湯に戻ると、幼なじみの明日美(恒松祐里)の姿が。百音より少し前に上京していた明日美だったが、急な事情で住むところがなくなってしまい、明日美も汐見湯に住むことになる。翌日に採用面接を控え、百音が緊張していると、またしても会社から急な呼び出しが入る。今度は、朝の情報番組の気象コーナーにピンチヒッターとして入ってほしい、という内容だった。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_10.html

朝ドラ送りからの朝ドラ本編、黄色い指し棒が綺麗にリンクした!狙っていたな…!

モネの下宿先の銭湯に、まさかのすーちゃん登場!服も髪型も派手だな…!

しかしすーちゃんは、トラブルで住むところが無くなってしまったとのこと。途方に暮れてモネの下宿先を訪れたすーちゃんの勢いに押されて、菜津さんももうひとり下宿人を増やすことを許してしまう。ほんと、人が良すぎるんだから…。

部屋に入ってようやく落ち着いたモネとすーちゃんは、仙台で飲んでいる三生たちとLINEでやり取り。「仙台サイコー!」のノリが懐かしい。

しかし、夜も深まった頃になって、モネはふたたびウェザーエキスパート社の面々に呼び出され、再びテレビ局へと駆り出されてしまう。夜のニュース番組だけでなく、朝のニュース番組にも気象予報士が不足していたのだ。とは言え、バイト面接前の志願者を深夜に呼び出すなんて…!

現在の気象現象を調べていくうちに、大陸から大量の黄砂が流れ込み、西日本から東日本の広い範囲に影響を及ぼしかねないことが判明。しかし一方で、仙台市付近で西寄りの風が強く吹き込む「泉おろし」の予兆も検知していた。

黄砂は2000km以上の広範囲に及ぶ「総観規模」の現象、一方の泉おろしは数十km程度とごく局地的な「メソスケール」の現象。だから高村デスクが、より多くの人が影響を受ける黄砂の方を優先して伝えたいと考えるのも良く理解できる。でも、両方伝えられないものか…。

このブリーフィングでのモネの振る舞いや受け答えが、実質的に面接を兼ねているのが面白い。
面接シーンに尺を取るよりも、モネの気象への理解度や現場での対応力が測れるし視聴者にも見せられる。
相当現実離れしている状況だけど、そこも含めて楽しい。

ウェザーエキスパート社の監修があのウェザーニューズ社なので、Twitterでの反応を見ると、24時間活動している状況が生々しすぎてドン引きしている視聴者も見受けられて面白い。
あの会社は実際に、執行役員や幹部クラスが深夜勤務しているから、ある程度ウェザーニュースを見ている視聴者にとっては「あるあるネタ」ではあるんだけどね。
もっとも、さすがに社長が深夜に会社にいるという状況は無いと思うけど…いやあの会社なら分からないな。

「泉おろし」は、自分も仙台に住んでいたにも関わらず、まったく知りませんでした。調べてみると、泉おろしは泉ヶ岳から吹き下ろす冷たい風による山岳波の影響で発生することが判明。

泉ヶ岳は作並より更に北西にある山だから、仙台市でも北部の泉区や、さらにその北の富谷町や大和町では、泉おろしによる強風の影響をモロに受けていたんでしょうね。

一方、仙山線より南側の地域では、ほとんど影響はないはず。仙台でもやや南側に住んでいた自分には、そりゃ影響がなかったわけだわ。もし仙台南部にもおろし風があったら、原付バイクでの通学も大変だっただろうな…。

第49回(7月22日放送)

朝の情報番組の気象コーナーで、仙台の強風の情報を伝えたい朝岡と、黄砂の情報を伝えるべきだという高村の意見が対立する。百音はその様子を目の当たりにしたり、莉子のサポートをしたりする中で、気象報道の奥深さに気づいていく。どうにかして仙台の強風の危険を莉子の中継コーナーで伝えられないか考えた百音たちは、ある方法を考えつく。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_10.html

「気象予報は誰のため」という週ごとのサブタイトルの意味が、今日あたり判明しそうだな…。

着々と放送開始の時間が近付く中、モネのスマホに三生たちからLINEが届く。職場にいるときは私用スマホの着信音はオフにしておきなさいよ…とお説教したくなる気持ちになるものの、これは視聴者にLINEが届いたことを分かりやすく伝える演出でもあるんだろうな。

それにしても、LINEグループの名前が「亀中いつめん」で思わず笑ってしまった。卒業しても「いつめん」だったんだな…。
そしてこの時間にLINEが届くということは、朝までオールだったんだな。モネたちは寝ていた可能性の方が高かったのに。相当酒を飲んでいて、勢いで送信してしまったんだろう。
…というか、この流れ、三生たちが泉おろしによる突風の被害に遭うのでは…!

番組内の天気予報のコーナーは、夜の番組ではほとんど尺が無くなっていたのに、朝の番組では逆に尺が増えることに。直前で2分も尺が増えることもあるのか、知らなかった…!

モネたちは、急遽増えたこの2分の埋め方に頭を悩ませる。なんとか仙台の突風の情報も盛り込みたい…。沢渡記者と高村デスクからは、仙台周辺の風速が25m/s以上になれば、中継コーナーで突風の情報を伝えても良いと告げられた。

そして内田くんの予想通り、仙台市の風速が25m/sに達する!暴風警報発令!
そこでマリアンナとモネが中継コーナーに仕込んでいたのは、コサメちゃんと傘イルカくんのぬいぐるみだった!まさかこんな形で登場するなんて!またしても小道具を使った伏線の回収が上手い!明日はどんな天気予報が繰り広げられるんだろうか…。

朝岡さんが語った「1億2千万人に向けた話題と、10万人に向けた話題」のエピソードに、天気予報の奥深さを実感。
気象予報士の存在意義は、まさにこういった突発的に状況が変わるときに、自分の言葉で注意喚起できる職業でもあるんだよな…!これは気象情報の原稿を読むだけのキャスターではなかなか難しい。

第50回(7月23日放送)

百音は、社長の安西(井上 順)から渡されていたパペットを駆使し、莉子と連携して仙台の強風の情報を伝えた。時を同じくして、仙台市に暴風警報が発令される。朝岡の指揮のもと、危険をいち早く伝えることができ、百音は「気象予報はチーム戦」だということを実感する。そして、自社キャラクターのパペットが活躍して喜ぶ社長から、あることが百音に伝えられる。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/story/week_10.html

OPテーマのキャストに「パペット指導」もあった!ほんと細かいところまで手を抜いてない!さすがNHKだ…。

いよいよ天気予報コーナーがスタート。仙台での突風の情報も扱われ、視聴者から提供された看板落下の画像も公開される。この画像は、「亀中いつめん」からモネのスマホに送られたものだった!落下した看板の横で笑顔でピースする三生の姿が全国ネットで大写しに。すごいな三生…!

中継コーナーでは、モネがコサメちゃんと傘イルカくんのぬいぐるみを画面外で操り、マリアンナがこの2体と掛け合いをする形で、突風が起きたときの対処の仕方をコミカルに伝える。2分増えた尺も上手く埋まった!ファインプレー!
…でもモネは、手を頭上に伸ばし続けながらパペットを動かすのは大変だっただろうなあ。

そして番組は終了。そしてコサメちゃんと傘イルカくんの活躍に大喜びの社長からモネに、バイトとして面接するまでもなく正式に採用することを告げられる!やっぱりあのブリーフィングは採用面接も兼ねていた!

一方、高村デスクは、過去に社会部で一度大きな失敗をやらかして、そのせいで報道の正確性にこだわるようになったんだな…。この辺の話も、今後語られるようになるんだろう。

さらに、東京でも菅波先生の姿が…。ほんと要素多すぎ!嬉しい悲鳴!

いやー、東京編に入ってからわずか5日間で怒涛の展開!かつ気象要素もてんこ盛り!
天気予報を伝える側の葛藤とやり甲斐が凝縮されていて、このドラマを見ていて本当に良かったと実感してる!
来週以降も、天気予報の現場あるあるを、たっぷり盛り込んで伝えて欲しい!

現実世界でも、さっそく「傘イルカくん」と「菅波先生」がTwitterトレンド入り!「コサメちゃん」がトレンド入りしなかったのは、表記が複数あったからなんだろうな…。コサメちゃんと傘イルカくんのぬいぐるみが販売されたら、自分も買ってしまうと思う。NHKさん、ぜひご一考を!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥13,376 (2024/06/23 05:57時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥1,210 (2021/09/08 16:15時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
¥1,210 (2021/09/08 16:13時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければ、この記事のシェアをお願いします!

プロフィール

気象予報士。ほぼ独学で第55回気象予報士試験に合格。新潟県上越市出身。川崎フロンターレのサポーターで、全国各地へのサッカー観戦やご当地グルメの食べ歩き、温泉めぐりが趣味(現在自粛中)。好きな季節は春、好きな雲は積雲。SEから気象に関する仕事への転職に向けて準備中。

目次
閉じる